ホームへ > 院長のコラム最新号へ

 コラム・バックナンバー・インデックス

 コラム 第54回     2008. 12. 24



  今年も残すところ、あと僅かとなってしまいました。毎年この時期になると、何故か今年中にやり残した事は無いかと、振り返る日々を過ごしております。 12月31日から1月1日は単なる今日と明日ではないと感じるのは、私だけではないと思います。そこには、今年と来年の境があって、心のリセットをする日になっているからなのでしょう。

  今年の世相を表す漢字は、「変」でした。 今年は、何かが変だったという意味だったのでしょうか。異変、天変などと表されるような自然現象が続いた年だったからでしょうか。 アメリカの経済界から始まって、世界的な経済事変が起ったからだったのでしょうか。 でも昔から、一年の計は元旦にありと言うように、何かを変えてゆこうと思います。ぜひ来年は、変革の年と位置づけて、前向きな変化を求めて行きたいと思います

  歯科の分野においても年々めまぐるしく変化しており、話題に事欠かない状態です。 材料の変化は勿論ですが、流行り廃りがあって、使い慣れたものを注文すると、あれはもう製造中止になりましたとか、輸入していませんとか、言われてしまう事があります。 代理店の立場に立てば、めったに売れないものを在庫に置いておくのは無理なことだとは思います。 一方売れ筋の材料については、通信販売業者が連日のようにファックスで安売りの案内を入れてきます。 世の中が変わったと言いますか、一昔前ならば、ダイレクトメールで知らせてきたものが、今では宣伝はファックスで入ってきます。 全く知らない会社から全く興味の無い内容のファックスが入ってくると、人のうちのファックス用紙やトナーロールを使って宣伝するとはけしからんと、腹が立ってきます。 挙句の果てに、以降弊社からの連絡が不要の方はこのまま下記までファックスしてくださいなどと書いてあります。 なんと虫のいい商売なのでしょうか。これも、何か変です。こんなことにいちいち腹を立てているほうが変でしょうか。 最近のこの手の変化にはなかなかついていけない今日この頃です。

 急に寒くなってきました。インフルエンザが流行っています、うがい、手洗いを励行しましょう。 皆さん健康に気をつけて、どうぞ元気で良いお年をお迎えください。


このページの上へ↑

Copyright(c) 2004-2019 Katayama-shika. All rights reserved.